中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

アンドロイド携帯GPSを酷使する!(オフライン地図作成方法)

P1080183.jpg

中国全土、もしくは世界各国に出張で行かれる場合、
地図持参するか、もしくはGoogleMAPを印刷して持ち運んでいる方が多いと思います。

アンドロイド携帯をはじめとする、
現在、中国でも3G回線が普及していますので、スマートホーンなどでGPS&GoogleMAPを利用した
簡易ナビを利用されている方も増えていると思います。
しかし、3G回線の使用料金も高く、一々地図データを読み込まなくてはなりません。
これでは、通信料が大幅に高くなります。
これを解決する方法ですが、
RMAPと言うアンドロイドのフリーソフト(GoogleMAPみたいな物)を使用します。
このRMAPは、GoogleMAPも表示されますが、MSNのマップも利用でき、
4MBキャッシュ出来るように成っていますので、1件ほどの出張には事足りるとは思いますが、
やはり、4MBでは地図容量が全く足りません。


そこで、TrekBuddy Atlas Creatorと言う、GooglMAPを地図データに変換してくれるソフトが有ります。
WINDOWSで起動します。
http://android-map.googlecode.com/files/Mobile_Atlas_Creator_1.7_SQLite.zip
このソフトをダウンロードしてから適当なところに解凍し、フォルダ内にあるアプリを起動させます。

WS000009.jpg

この様な画面が出てきますので、自分の欲しい地域を囲みます。
この赤いラインに囲まれたエリアを左クリックすると、そこが赤くマスクされます。
このマスクされた範囲を自動的に取得します。

地図にしたいエリアを決定し、読み込み地図データの設定していきます。

「Zoom Level」の欄で取得したいサイズにチェックを入れます。19が一番拡大された地図。
19.18、17、16位のチェックで良いと思います。

WS000005.jpg

チェックが完了したら、「Atlas content」の「Add selection」をクリックするとこんな感じでの表示が出てきます。

WS000007.jpg

「Atlas setting」が「BigPlanet SQLite 」になっているのを確認し、「Create atlas」をクリックします。
その後、ウインドが出てきて、地図の作成が開始されます。

WS000008.jpg

WS000004.jpg

作成が終了すると、「BigPlanet_maps.sqlite」というファイルが出来ます。
このファイル名をお好みの名前に変更し、
アンドロイド端末のSDフォルダ内にある「rmaps」フォルダの「maps」フォルダにコピーして入れます。

その後、RMAPを立ち上げて、作成した地図に切り替えれば、オフラインで使用できる地図が出てきます。

これで、紙の地図要らず、そして自分の位置も確かめられるので迷子になりませんね!

中国自動車 アンドロイド
 
 

Comments

承認待ちコメント 
このコメントは管理者の承認待ちです

 
<- 11 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。