FC2ブログ
中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

人間脳でのイラストレーターとフォトショップの違い。

土日は、自宅で中国版のカタログの全体構成を制作したのですが、
脳の働きの違いをまざまざと理解したのでありました。
本来、私の得意なのは、Photoshopで作成するのであれば、
画像を多用し、色々な直感的テクニックを使いカタログを制作出来るのだが。。。

Photoshop326.jpg
これはPhotoshopCS4で、約30分もあれば制作可能。

今回はillustratorでの制作で、かなり時間が掛かっている。

illustrator326.jpg
これはillustratorCS4での制作で、約3時間ほど掛かってしまう。。

Photoshopとillustratorは似たようなソフトだと思ったら大間違いで、
まだ慣れていないillustratorCS4での作業は、人間の脳で言えば左脳を使う。
★左脳には、論理的思考や言語、計算など。

一方Photoshopは右脳を使う
★右脳には、創造性、直感、イメージ思考、音感、空間認識など。

私の生まれ待った遺伝子は、右脳を使う事は長けているのだが、左の脳は全く不都合だらけ。。。
現在の作業で、illustrator95%、Photoshop5%での対作業と成っている。
Photoshopを使い出すと、水を得た魚の様にスムーズに展開作業が出来る。。。。

この休み中、連続12時間続けてある程度は、全体構成は出来たのだが、
後はプロに、細かい作業をしてもらわないといけない。
左脳が疲れて、近所の散髪屋に、シャンプー&頭マッサージ(15元)があるので、
頭をマッサージして、少しは楽になった。

人は、言語思考により、計画や実行、判断をしており、左脳を中心に使っていて、
右脳の創造性や直感を使うことが、ほとんどなくなっているようです。
発明や新事業など、創造的な仕事には、右脳の力も必要です。
もっとも、アイディアばかりでは、支離滅裂になりかねないので、
左脳もバランスよく働かせることも大事だと言うことを、理解したのでは有りますが、
私に取って、左脳をうまく使う方法は、今のillustratorの作業が、今の試練で有るのです。

フォトショップとイラストレーター
 
 

Comments


 
<- 08 2018 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。