中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

新職場へのPCのリフレッシュ!Windows7に層替え!!

仕事の内容が大幅に変更となるので、
自宅DISKTOP、ノートPCの大幅なリフレッシュ作業をしている。

win73266.jpg
本日完全 Windows7 64ビット完全移行!!

w764.jpg
パフォーマンス評価をしてみたが、ゲーム用グラフィックが弱い事が分かる。Google Earthで地球をグルグルさせていると、
グラフィックカード9500GTのファンが弱い事が判明。
熱だれを起こす。。次期は60元で銅ファンを購入する予定。



ノートPCは、1.8インチHDDが壊れたの修理の序でに、
Windows7 RC 32ビット版をインストールした。
win7.jpg

新しく購入した東芝の超小型HDDは、アップル社のリンゴマークが入っていたので,
IpodのHDDとして採用されている商品かもしれない。コネクターの種類が3種類ほど有るので、
調べれば、安価にipodの容量を増やすことも出来るかもしれないが、
OSを確保しておく必要性は有る。

1860g

新品のHDDに交換して、カリカリ音は無くなった。しかしこのHDDは4200回転なので、
プログラムの起動は遅い。お金が出来たら、SSDに交換したいと考えている。
2.5インチHDDで5200回転、3.5インチHDDで7200回転。
先読みするキャッシュメモリの影響も有るだろう。
因みに1.8インチ東芝「MK6006GAH」キャッシュメモリ2M。。。。少なすぎる。。。。。

18-shinnpin.jpg
東芝ノートのHDD交換はネジ1本外すだけで交換できます。簡単簡単!

今時、3.5インチ1TB 32Mキャッシュメモリがあるのに。。。
仕方がないので、必要最小限のソフトを吟味して、外出時で活躍できる様に変更した。

自宅のDISKTOP(台式電脳)は、大幅にリフレッシュした。
お金を掛けたわけでは無く、今現在使用してテストしていた、Windows VISTA 32ビット版と
Windows7 RC ビルド7100 64ビット版を相互に使用していて、
マイクロソフトのアップデートなどが多く、スピード、安定性、使いやすさから、
完全に、Windows7に軍配が上がった。

Windows7 RCとは、マイクロソフトが正式発売する前に、評価、不具合を解決するために、
テスト版をダウンロード出来るシステムで、10月には正式発売されることは決まった様だ。
評価版を使用して得することは、次期Windows7正式版が格安で購入出来ること。
マイクロソフトからメールが入り、通常28800円位の所を、14400円で購入する権利をもらい、
ネットで申し込んだ。かなり申し込んだらしく、即座に売り切れ!!
発売日に、ダウンロードでその価格で購入出来るのである。

今まで、98、ME、2000、XP、VISTAと使ってきたが、
Windows7 64ビットは非常に処理速度が速い。フォトショップなど3倍ほど立ち上がりが速い。
メモリも、VISTAと同じ環境で使用していても、200MBは削減されている。

皆さんのPCは、X86と言う32ビット版のOSが殆どだと思いますが、
Windows7 64ビット版でも、32ビットソフトもある程度使用できる様になっています。
同じソフトでも、32ビット、64ビットのソフトでは、処理能力が150%上がると言われています。
私も現実、使ってみて、本当に驚いています。
XPでよく見られた“ハング”“フリーズ”はかなり減っており、XPはもう時代遅れのOSだと言えます。
今のPCの性能、価格が下がっている状況で有れば、
Windows7 64ビット版をインストールする事をおすすめしますが、
もちろん、32ビット版ソフトが動かない場合も有りますが、
各ソフトメーカーも、64ビット対策モジュールを開発しアップロードして来るでしょう!

車に例えると、「XPは軽四」「VISTAはアメ車」「7はハイブリット車」に近いニュアンスだと感じます。

自分のDISKTOPは、万が一の時の為に、同じマザーボード1枚余分とHDDを4機で構成しています。

【EASEUS Disk Copy】 というフリーソフトが有ります。
EASEUS Disk Copy
20081027121508.jpg
EASEUS Disk Copy
ハードディスクにインストールされているOSや、パーティション、ファイルシステムといった情報
すべてコピーすることが可能です。
まあハードディスクのクローンを簡単に作成できるというわけですね。
そのため、バックアップやOSの再インストールといった面倒な作業をすることなく、
新しいハードディスクへ簡単に移行することが可能
このソフトを使い、マスターHDDから、控えのHDDにOS、環境丸ごとコピーして、
HDDクラッシュに備えています。
マザーボードを1枚余分に持っているのは、マザーボードが壊れたときも、
同じマザーボードなら、簡単にHDDが情報を認識して、すぐに元の状況に戻ります。
リカバリ作業は非常に時間がとられて、頭も疲れますので、
今はこの対策で万全の体制を整えています。
しかし、この【EASEUS Disk Copy】というソフト、分かりづらいですので、自己責任で使用して下さい。
万が一、元のHDDデータも消えて無くなる可能性が有ります。

と言うことで、8月10日には、華南に移動しますので、
自分の仕事でウエイトを占めるPCを自分でリフレッシュし、新しい仕事に備えています。
その事に集中しすぎて、荷造りがまだ全然出来ていないのですが。。。。。

中国PC生活

 
 

Comments

 
川村様。
こんばんは!先日はお世話になりました。
Windows 7のグッピーは、その様な意味があったんですね!!
初めて知りました!”ガッテン×3”

今後ともよろしくお願いいたします。
326
Windows 7のグッピー 
それはベータと言う魚で、ベータバージョンを使用していますよと言うしるしです(笑)


 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。