中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

中国の携帯電話事情

昔の日本の様に携帯がステータスシンボルで携帯市場が伸びています。
大きく分けて2つ「チャイナモバイル」「チャイナユニコム」電波方式は日本では廃れ来ている、データ量が少ないGSM方式です。
CDMAも出てきておりますし、3Gも移行はしてきていますが、現在の中国ではこの電波システムが主流です。
インターネットを見るようになると高速通信も必要ですが、中国ではE-MAILのアドレスも普及していない状態。
皆、ショートMAILで送りあっていますね。
私はボーダーフォンのシャープ903SHを使用しています。
GSMと3Gが切り替わる機種ですので、グローバル対応していますが、ロックをかけており中国のSIMカードが使えない状態です。
これでは無謀な世界一高い日本の通信費で餓死してしまいますので、自分でSIMロック解除して使用しています。
初めは中国語版に変更していましたが操作が億劫なので日本語版に変更して使用しています。
日本語版同士なら、エンコ-ドが一緒ですのでショートMAILは可能ですし通信費は物凄くカットされました。
重宝しておりますが、この携帯を中国人が見て「欲しい、幾らだ!」と言う質問が多いので困っております。
「自分で日本行って買って来い。それだったら解除してやるよ」と言っております。
中国には日本の携帯電話のSIM解除屋も多数あります。
金持ち連中がGSMの電波しか利用できない日本の3G機種を使用しても宝の持ち腐れだと思っております。

次回は中国の携帯を購入しようかと思っていますが、非常に高いのが難点ですね。
903sh_main.jpg

DSC01355.jpg


 
 

Comments


 
<- 05 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。