中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

中国ドリーム世界握る自動車最大市場主役争うは素人意見。

中国ドリーム、世界握る 自動車最大市場 主役争う
フジサンケイBusinessi
海外の高級ブランド店が並ぶ上海市内の淮海(わいかい)”路。
年々、走る車が洗練され、台数も増えて慢性的な渋滞が生じる。
タクシーや小型車は独フォルクス ワーゲン(VW)など欧州系が目立つ。
その一方で、ミニバンや大型車では「ビュイック」など米GM(ゼネラル・モーターズ)車が
存在感を高めている。 
上海っ子に聞くと、“メンツ”を重視する中国人は「大きくて押し出しのきくGMがお気に入り」だ。
世界トップメーカーだったGMのかつての誇りがかいま見え る。
◆強気の姿勢崩さず
クライスラーに続くGMの米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請は、
春先に明るさをみせた米国の自動車販売に冷や水をかけた。
2009年の米新車市場について、渡辺捷昭(かつあき)トヨタ自動車社長、
カルロス・ゴーン日産自動車社長ともに「950万台の水準」と指摘。
かつて の1600万台水準を大きく下回る。
収益源を北米市場に置いてきた米ビッグスリーやトヨタ、ホンダなどは
3割以上の需要が“蒸発”する北米市場への対応策 として、
新たな収益源を新興国、特に中国に狙いを定めた。
中国汽車工業協会は5月、09年の新車販売台数が前年比8.7%増の
約1020万台になる見込みを公表した。
1~4月の累計ですでに米国を抜 き、年間でも世界一は必至だ。
地元・米国では不振にあえぐGMも、中国では好調だ。
中国名で「通用」というGMは、上海汽車との合弁会社「上海通用」を軸 に事業を展開しているほか
広西チワン族自治区にも製造拠点を持ち、ミニバンや乗用車を生産する。
上海通用は、上海VW、一汽VWと並び中国の販売台数でトップシェア争いを続けている。
GMは08年に中国で109万台を販売し、13年には 200万台に引き上げる計画だ。
今後5年以内に新工場も新設する計画など、
米本社が破綻(はたん)しても中国での強気の姿勢は崩さない。
◆日系交え群雄割拠
中国市場への攻勢では日系メーカーも同様だ。
トヨタは4月の上海モーターショーに渡辺社長が急遽出席し、
世界戦略車「カムリ」の ハイブリッド車(HV)の中国での生産・販売を打ち出すなど
「中国に大きな期待と希望を抱いている」(渡辺社長)。
ホンダもスポーツカー「SR-9」の今 年後半の発売を発表し、世界一の市場でアピールした。
日産の4月の中国販売台数は、前年同月比37.1%増の6万6339台で、
単月として初めて米国での台数を上回った。
1~4月累計でも、米国22万1957台に対し、中国21万942台と肉薄。
北米から中国へのシフトで先行しつつある。
中国の乗用車市場では、現状で10%のシェアを確保するブランドはなく、“群雄割拠”の状態だ。
その上、民族系と呼ばれる現地メーカーも台頭してきている。
世界一となる中国市場は最も競争が激しくなるが、
そこでの覇者が世界の自動車産業で次代のメーンプレーヤーになりそうだ。
引用先 フジサンケイBusinessiから。

まあ、データからすれば、そう言うことだろうが、この記事には中軸が抜けている。
日本企業側見解、中国国内データからの参考記事。
まず、アメリカ水準を抜いた時期というのは、この記事がメインの車種では無い事。
1600CC以下の、中国国内メーカーが税金優遇を受け販売が伸びたと言うことだ。
上海を見ると、けして景気は良くない。上海ドリームなんて、今後ないと思う。
日本からは、中国ドリームだとか不抜けた記事が多いが、
長年住んでみると、この土地は非常にビジネスがしにくい場所。
特に日系は、日本の価格と、中国人が求めている価格の落差で頭を痛めている。
この記事には、画像データが有るのだが、これは5年前から予想していた簡単なデータ。
中国に押し寄せるメーカーが増えれば、必然的にシェアは分類される事になる。
要は、中国人の富裕層では無く、中流階級がこれから、自分の生活家族などを考えて、
効率の良い自動車「足」を選ぶのかが、中国自動車事情を見ることが必要。
このミドル階級の販売比率と1600C以下の車両の販売台数を明確にしてから、
記事として書くべきだと思うのだ。この記事の発信元は、マスコミだからだ。

データに捕らわれすぎ。アメリカを抜いて販売台数世界一。
当たり前。13億人。GDPも上がり車も購入できる様になった。
今まで、車が無かったのだから!!
統計に商用3輪が含まれるのか?この事も分からない。
「中国の情報機関からの一方的なデータにしか過ぎない」
★不良在庫はいくら残っているのか?
★現在中国人もローンで車を購入するのだが、果たしてこれから先、
 これを受けよっている銀行、ローン会社の焦げ付きは無いのか?
★モデルチェンジ時期の破格プライスで、販売台数の上乗せの量は?

私としては、マスコミは仕事であるので、ピーキーな内容を記事にして欲しいのである。

中国自動車

 
 

Comments

Re: 賛成です 
初めまして!!munekoba さん
自動車製造産地の長安なのですね。夏は涼しくて過ごしやすい場所ですよね!!
流石、この業界の方。
上海通用は、「五菱」が引っ張っているようにも、私は思っています。
庶民の足、軽の箱バン。地方に行けば、本当によく見ますものね!
上海だけしか見れないのであれば、この真実は理解できないのでしょうね。
今後とも、よろしくお願いします!!
326
賛成です 
初めまして,326さん
自動車業界に身を置く長春駐在です。
この記事は日本に居る素人を対象にした素人の記事ですね。
実際,上海通用が出資をしているとされる上海通用五菱という
微型車のメーカーが現在「一人勝ち」に近い状況ですが,
GMの出資比率は34%,上海汽車が50.1%,五菱汽車が15.9%です
からあくまでもマジョリティーはSAICになります。
作っている車も,GMのブランドには程遠い「軽自動車」ですからね。
(農村下郷の恩恵)
GMがえらいんじゃなくて,SAICがうまいんです。
GMの車で売れてるのって・・・GL8だけ?

まあ私たちだけは方向を見誤らないようにしたいですね。



 
<- 09 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。