中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

80元チューニング。4輪アライメントテスター

アライメント1

4輪アライメント測定器が、行きつけの”腕は良いが汚い”自動車工場に導入された。
このアライメント計測装置、日本では200万円ほどするのだろうか。
4つの計測器を各ホイールに装着して、適正な数値にアライメントを調整する為の測定器。
中国では、実はこのアライメントテスターは、かなり導入されている。
それは、道が悪い、事故が多い、修復テクニック、この3点から、アライメント調整でゴマカスノダロウ。。

アライメント2

うちの食パンカーも、事故歴は無いのだが、
見る限りアライメントが狂っている。
※右フロント トーイン
※右キャンバー 2度
※右キャスター 立っている。。
※スラスト  右にブレテいる。

この影響で、軽バンの癖にハンドルが重い。
手を離すとアッチの方向に行ってしまう。
ブレーキで、ハンドルが取られる。
と以上の事で、安全を考えて、このアライメントテスターをしてみた。

修理屋兄ちゃん 「今日も改造するんかいな?」
日本人     「おう!今日もボロ車をいじるで!」
修理屋兄ちゃん 「何をするんだい??」
日本人     「あそこに有る、NEW機材でアライメント調整してくれよ!」
修理屋兄ちゃん 「おおお、流石、日本人だな!機械を導入して2台目だよ」
日本人     「前後のタイヤを入れ替えてから、調整してな」
修理屋兄ちゃん 「OK了!」

日本人     「兄ちゃん、このアライメントテスター幾らするの??」
修理屋兄ちゃん 「3万元ほどだよ。(45万円)」
日本人     「安――。。。」「それで、調整料金幾ら?」
修理屋兄ちゃん 「80元!」(1200円)
日本人     「安――。日本でこれサービスしたら、流行るで!!」
修理屋兄ちゃん 「日本だったら幾らするの??」
日本人     「測定器当てるので、12000円位かな」
修理屋兄ちゃん 「高――――。アイヨ――。。。」

アライメント4

とこんな感じの会話で、アライメント調整してもらいましたが、
結構、2台目調整の割に、勉強していて調整が早い。機械のお陰だろうけど。。。。

予測していたとおりの、ズレで、それを適正値に調整。
これで、80元とは、超安い。
中国で、究極に安いサービスと言えば、この4輪アライメントテスターに敵うのもは無いかもしれない。

アライメント

調整後のインプレッション。
ハンドルレスポンス向上。
ハンドルを放しても真っ直ぐに走る。
ハンドルが軽くなる。
ブレーキが利く。
転がり抵抗が無くなり、スピードが出る=燃費が上がる。

と、80元チューンとしては、最高の結果と言うことでした。

中国中古車生活
 
 

Comments


 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。