FC2ブログ
中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

広州市の自動車生産量が上海市を抜いて中国トップ

u_3888135232544.jpg
QQsports、車高落してフロントリップ、サイドステップ、アイラインを付ければ格好良くなるかなぁ。

広州市経済貿易委員会によると、
広州市の2009年第一四半期~第三四半期の自動車生産台数は65.3万台に達し、
上海市の59.7万台を抜いて初めてトップになった。
広州市の自動車生産台数は、前年比14.3%の増加で、
とくにホンダ、トヨタ、日産の日系三社の躍進が目立つ。
ホンダは、オデッセイとアコードの販売が好調で、各クラスで中国での販売台数はトップになった。
1214286567924_mthumb.jpg
日本ではインスパイヤになるのかな?

また、トヨタは2009年にも第2の生産ラインを稼働させる。
カムリも売り上げ好調で、2年で30万台を売った。
日産は、1ヶ月で34421台を売るなど、
東風日産の月間販売台数の記録を作ったほか、9月には東風日産100万台目の自動車が生産された。 
広州市は自動車産業の育成に力を入れており、競争力をつけてきた。
金融危機の影響は受けると予想されているものの、今後のさらなる日系メーカーの躍進が期待されている。

この記事に付いては、上海市というと、上海大衆(フォルクスワーゲン)
この現実は予想通りと言うか、中国で強かったフォルクスワーゲンの生産が減っていると言う事に繋がる。
5年ほど前までは、7割のシェアをフォルクスワーゲンが締めていたが、
潰れにくい、燃費が良い、運転が楽、と言う日本車陣営が台頭を始めた。
現在、日本メーカー系を合わしてシェアはNO1。
値段と車両品質から考えて、日本車は優れている。
この事は世界でも中国でも認知される事実。

広州という土地は、モータリーゼションは、台湾、香港から流れてきており、
上海よりレベルが高い事は事実。
しかし、アフターパーツ類を見ていると、突貫作業生産という物が多い。
工員の土地柄、考え方の違いも出て来ているとも考えられる。
この先中国内で、華北、華東、華南で、競争されると考えられる。
地域で、人々考え方が違う。
この事は、今後海外から生産を委託する側では非常に大きなPOINTとなることであろう。

中国自動車
 
 

Comments

 
こうさん。こんばんは。

日本の自動車業界は、ガタガタ。
私もそれを見越して5年前から中国に渡ってきました。
日本の自動車産業は縮小に向かう。細分化される。
この細分化したなかで、零細企業が生き残れる路は。。。。

人口1億。人々が情報ネットで1円でも安い商品に飛びつく。
似たり寄ったりの商材では競争に負けてしまう。

これを打破するためには??
残されているのは、ハンドレイドで高品質商材を作ること。。
それしか、私のアホな頭では考えれていないのです。。

金型は良い商材を作るのには必ず必要です。
今後、もっと個性を生かした商材に添加されたら良いですよね。
日本では 
自動車産業はガタガタ。
減産。
新車生産開始一時保留。

金型も大幅に受注減で私の仕事が少なくなっている。

 
<- 09 2020 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Archive RSS Login