中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

中国で感じた 「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」

14時28分 中国で一斉に3分間の黙祷が行われた。
サイレン、クラクションなどが、響き渡る。
その時、音は鳴り響いているのだが、静寂神妙な感じを受けた。

「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり」

祇園精舎の鐘の音を聞いていると、
なにごとも無常(つまり同じ状態ではない。”生きているものはいつかは死ぬ”)であるように聞こえる。

私はこの様に捉え感じた。

shisen.jpg

10508929.jpg

中国も日に日に事の重大さ、命の大きさが解り初め、人民も考えさせられていると思う。

日本の救援隊の任務は終わり、医療隊が派遣される。
今回、日本政府の対応は早い。
中国が追いつけないほどの早さで決断しているように感じる。

一方、報道からの深読みをしてみると、日中関係改善の為に、中国報道と日本政府の対応がリンクしている。
日本救援隊が撤退。
これは生存率が無い被災地には、医療隊を派遣することが最大の人道支援。
これは、日本政府の考え。

しかし、一番に救援隊が撤退することは、中国人民に不快感を与えるのでは無いだろうかと言う、中国報道陣。
撤退の報道がまだ、大々的にされていない。

明日、中国政府の要請で、20名の医療隊が正式に派遣される。
この時に合わせて、一斉に報道に入るのであろうと考えている。

日本人民の心優しく、義理堅く、最後まで諦めない印象が、この救援で中国人に芽生え始めた。
この良い方向を維持する為の、約半日の報道ブレイクの様に感じている。

音楽でも、ブレイク(休止符)は大事。

日本政府は、良い響きを継続させるために、集中し、人命救助に力を注ぎ、日中関係を良くしていって欲しいと望んでいる。
本当の四川の被災者方々への救援は、これから始まると思っている。

中国自動車

 
 

Comments

 
可是,人,理解人的疼痛,起来。疼痛,变成为意图人为经验。
xx 
有人说是:天将降大任于斯国也,必先下其大雪,撞其火车,抢其火炬,震其国土,涨其物价,跌其股市,空乏其民,益其所不能也。

 
<- 07 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。