中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

中国PCウィルスが、多すぎる!!

Worm.Win32.DiskgenのPCウイルスが中国で大流行。
このウィルスは各種ワクチン・ソフトをストップさせ、自動的に数十種類のトロイの木馬をダウンロードする。
現在、中国国内でウイルス感染しているPCは数十万台に達することを発表している。
瑞星、金山などのワクチン・ソフトのメーカーは、最高レベルの“赤色の危険警報”を発表した。

とSPYウェア感染元のNEWSサイトで書いていたが、
昨日、会社のPC構築していたのだが、3台あるPC全てが、Spyウェア、ウイルスに感染していた。
1台あたり、
SPYウェアは30個。
ウイルスは20個(主にトロイの木馬)が感染している。

駆除ソフトを使用しても完全に除去出来なく、レジストリまでの変更がいる。
この作業は非常に時間とリスクがあるので、駆除は、本当に大変。
日本では、なかなかここまでのウイルス、Spyウェアが貯まることは無い。
中国では、安全なサイトがわからない。
大手のサイト、それもNEWSサイトで、Spyウェアに感染する。
中国の大半は、Copyソフトで動いているので、ウイルスソフトの重要性、
信頼性などを理解して購入している人は、まだまだ少ない。

会社には、中国製ウィルスソフト“瑞星”が入っている。
PCの画面で、”ライオン”が動き回るのだが、動き回るだけで、仕事をしていない。。。。
何というソフトなのだろうか。ライオンが”ネコ”に見える。。。。
感染したウイルスも、見つけられない。
無料駆除ソフトの方が優秀であった。

1台のPCは、残念ながら、リカバリーをしないといけない。
あらゆる方法で削除に挑んだが、ウイルスがCPU、HDDの動作を防御している。。

中国では、Internetサーフィンするだけでも、Spyウェアに感染する比率が大きい。
そして、動きが悪くなったPCを、ウイルスで壊れたと思い、次のPCを購入させるのではないのかと思うほど。
何という国なんだろうか。。。

私の対策。
CPU使用率と”重さ”感覚で、頻繁にレジストリをクリーンにする作業をする。
PCの現状維持の努力をしている。

中国自動車


 
 

Comments

 
ぐみおさん。
なるほど。結構ありましたね。。中国のHPの閲覧では、
閲覧し終わった後に、チェックした方が良いですね。

会社でお亡くなりになったPCですが、実はウイルスバスター2008が導入されていました。。。
それでも、死亡されてしまいました。
多分、鳥PCインフルエンザの仕業と思います(笑)
 
最近中国のサイトを見ることが多いのですがウイルスソフトがずっと感知してます・・・
先日のウイルスチェックでは27個ウイルスがありました。
幸い被害はありませんでしたが。
やっぱりウイルスソフトは高価な物程安心です。ワクチンソフト配給がとても早いです。
ウイルスバスター2008は30日無料お試しありで3台で¥5,000-程でした。

 
<- 05 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。