中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

上海 個人預金低下傾向続く。。。

P10306541.jpg

上海統計局は、1月の上海経済の運行状況を発表した。
上海市の個人預金残高は、昨年初に比べて21.04億元低下。
貯金資金低下の現象は続いている。
上海市の個人預金残高は9120.16億元で、昨年初に比べて219.04億元低減し、定期、普通預金が低下する。
それぞれ109.38と109.66億元低減。その代わり、ローンは増大している。

中国金融機関からの個人消費の貸出残高は、3101.63億元。
年初に比べて30.44億元増加している。同時期と比べて多く18.72億元増加する。
個人住宅ローンの2890.04億元、30.12億元の増加。
中国金融機関の個人消費の貸出残高の93.2%を占める。
<翻訳>326

上海 市民の貯蓄が低減しているのだが、住宅ローンの貸し出しが多く占める事が理解る。
仕事が安定して、マンション購入できる層が増えたのか、ローンをしてまで家が欲しいのか。
中国人の傾向としては、賃貸では無く購入する考え方が多く占める。
現在、上海 は“結婚”“ベビーラッシュ”この事が、貯蓄減少に大きく左右しているように思うのだが。
日本人の考え方としては、マンション購入としても、“借地”“建設レベル”“場所の価値からして異常なプライス”この事を考えると、上海 でマンションを購入することは考えられない。

中国自動車
 
 

Comments

 
ドラゴンさん TONOさん
流石、上海 在中の日本人。読みが深い。
日本からのマスコミ報道の判断では無く、現地からの生の情報は役に立ちますよね。
この記事を取り上げたのは、景気がよく見えている中国。
でも庶民の貯蓄は減少傾向。ローン拡大。
多分、この様な記事は日本では知らないと思いましたので、取り上げて見ました。

 
不動産を色々と見てここがこんな値段すんのか!!って思うところ沢山あります。

しかも、いくら上海といえど物価から見た価格は異常だと思います。
ただ、日本とは違って資本主義な国のため日本的な観点では測れきれないなと思います。

さらに中国人のローンに対する考え、20代そこそこで家購入、預金をあまりしないなど心理的な面を考慮すると貸出傾向は考えられますね。

そこに給料のアップ、生活水準アップ、いい暮らしをしたい度も考えるとう~むです( ̄へ ̄)

ドカンと来たときはなんちゃら金融危機にならないことを祈ります。
 
バブルがはじける瞬間の威力は凄そうな勢いですな。
個人消費=住宅では危険な香りがぷんぷん。
確かに1月は銀行でお金おろす人の札束の握り方が
半端ではなかった。10万元ぐらい皆握り締めていた。
どこから来たお金かなー??と思いながら・・・。
2月の正月でお金回して、3月には預金残高元に
戻るのではないか!と予測していますが、
当たるかな?

 
<- 09 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。