FC2ブログ
中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

多くの中国企業の考え方

banner 中国カーボンFRP工場
P1020760.jpg
「深セン」綺麗な山は”香港”

中国企業は、技術の向上、品質の改良の努力が、日本と比べ向上心が無い。
なぜだろうか??
現状の技術に満足しているのだろうか??
日進月歩の社会と言うのに、企業資本を使い新しい商品を開発しない。
企業商品とは。エンドユーザーが満足して使用できる事。
不良が出ない。
安全性クリア。
が、最低の条件。

顧客が要求している先の商材開発もしなければならない。

現在の中国で生産させている商材は、日本の最先端の技術からは、かけ離れている商材ばかりだ。

HIDに関しても、10年前の商品。
先端技術から”100万光年”かけ離れている商品。。。

今の、中国企業に置かれている”危機”を全く理解していない。
日本企業は、技術のブラックボックス化で、最先端技術の中国への漏洩はこの先、金輪際無いだろう。
今後、日本から中国企業に流れてくる”情報”は
型落ち、大量生産コストダウンの技術、どうでもよい技術。
その事は、市場に商品が飽和したら終わりの技術だ。

この場を借りて、多くの中国企業に言っておこう。
増地税還付も無くなって来ている現実。安かろう悪かろうではもう販売は伸びない。
今の利益に甘んじているようであれば、会社は3年後に潰れる。
品質改良努力、コストを掛けない企業は、ワールドビジネスについていけるはずが無い。
なぜ、世界で、日本企業商品が売れ続けるのか??
それは、社員の金を求めるだけではない”向上心 追求心”が、備わっているからです。
中国企業 倫理
テーマ : 中国    ジャンル : 海外情報
 
 

Comments

 
samさん、ONEさん、最近・・さん。

大半の中国企業に言えるのが、当初から良い商品を作れない、作る気が無い?という問題があると思います。
私が思う、コピー品ですが、似ているだけで、細部はコピーしきれていません。コピー商品も中途半端です。

発展途上国に多く見られるコピー商品ですが、それはそれで良いのですが(日本も昔はそうしたようですので)しかし、コピーを作るなら完成度の高いコピー品を作る技術がないと、先端の技術商品が出来るはずもありませんね。

まず、中国の社長(経営者)が”ものつくり”という基本的な事を理解しないとこの先この国の未来は暗いです。
 
先日、日本の新聞で、i-PODの中身に隠れた先端技術を解説してましたが、基礎応用とも日系の企業が(一部韓国もかかれてましたが)占めてました。(ただし、まとめた企画力はアメリカ?)

以前のように、先端に対し量産対応とか、普及期には、良質な”コピー技術”(?)は、先行者利益以上に利益を生めたのでしょうけど、自国の貨幣価値が高くなっていく中、この国は次のステップ(独自開発)も目測の中にあるような気がします。

 
大半の中国人は目で見える範囲でしか行動しません。
独自で新商品開発しない、ここ100年以上発明が無い、ほとんどが人の物真似、利益先行型思想の社会の構図がそうさせている。
そろそろ気が着いても良い頃なんだが。。。

いや、気が着かない方が日本には都合が良いかも。。。
 
まだ、字も読めんやつが多く、いてるからなあ、、、どう、うまくつきあっていくかやなあ、、、信用したら阿寒で、くれぐれも、だまされんようにしな。いたいめにあう。

 
<- 09 2020 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Archive RSS Login