中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

上海VW:改良型「サンタナ」登場 7.58-8.98万元

santana.jpg

上海VWよりスペックを追加した「サンタナ」4タイプが発売された。このうち、「サンタナ1.8リットルMT」の標準型、豪華型の販売価格はそれぞれ7万5,800元、8万9,800元。「サンタナステーションワゴン1.8リットルMT」の舒適型と豪華型はそれぞれ8万6,800元、8万9,800元。これら新型車は、すでに各ディーラーで販売が開始されている。

新型サンタナのエンジンには、「パサート領馭」と同じ「E-GAS電子スロットル」を採用。安全装備にはEBD、ABSなどが追加され、非常に高い安全性を誇る。

外観は旧モデルからさらにファッショナブルに進化。ラジエーターグリル、前後部バンパー、さらにバックミラーからドアハンドルまでボディーカラーと同色に統一されている。

何が改良型か分かりませんが、この古臭いボディは何とかしてもらいたいものです。今時、電子スロットル採用、ABS採用を歌う程でもないんですがねぇ。
時期サンタナは廃止の噂もありますし、VWもこんな時代遅れの車を中国で販売するのは考えた方が良いです。
あまりにも中国人民を馬鹿にしておりますね。
中国のタクシー運転手に聞くと丈夫だとか言いますが、実に町で止まっているサンタナが多い。
部品が安い。コピー品が出回っているのでぶつけても安く修理代が済む。因みにブレーキPAD20元ですが、究極の粗悪品でした。
この様なPADを着けて走らせているのです。チョー怖い。
サンタナは早くこの世から無くして貰いたいものです。

中国自動車

 
 

Comments


 
<- 09 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。