中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

中国デザイン(意匠)の流出・漏洩の問題

http://factory.myrias.jp/
中国はコピー大国で有ることは世界中が認めている事実ですが、中国で生活をしていて中国国内市場に目を向けて見ていると、PC、DVD、CDのソフトは堂々と販売されています。やはりコピーしやすく、腐らない、手ごろな価格、庶民の娯楽(レンタル店が無いのでレンタルするような感じだと思います)露天商が一枚5元(¥65)で路上販売しておりますが、現在中国も世界の圧力から公安がコピー商品撲滅に力を入れているのでしょうか、かなり摘発されていてその捕り物見物で街では人だかりが出来ています。
富裕層は携帯電話、IT商品、家電などはブランド品を購入しています。富裕層はやはりブランド、品質の良い商品を購入するのでしょう。生産は中国ですが日本ブランドで購入するのです。
私が扱っている商品は自動車のエアロ部品中国でのOEM生産ですが、これもコピーされやすい商品です。腐らないし、原価も安い(粗悪品の場合ですが)
クライアント様にとってエアロはデザイン意匠が企業の一番の命です。この事を守るのも私の使命だと考えております。エアロはデザインを気に入って購入される方、ブランドで購入される方、品質で購入される方、値段で購入される方、色々だと思われます。やはりブランド力のある商品はデザイン、品質が備わっています。が値段が少々高額ですのでコピーが出て来るのだろうと思います。でも粗悪なエアロを購入したエンドユーザーの殆どは直ぐに割れる、塗装のノリが悪いなど実感しエアロから離れて行き、品質の良いエアロも直ぐに割れるし品質が悪いと勘違いしてしまっている状態ではないでしょうか。
コピー商品が世界からなくなることはゴキブリがいなくなるような次元だと思いますし、何か悪党会社を締め出す事は出来ないだろうかと頭を悩ましております。
現在本気で試案しているのは日本の最先端の特殊IT技術を加工生産品に取り入れないだろうかと考えております。FRPエアロは工員が手作業で生産します。この段階で生産管理品質管理も踏まえてICタグを埋め込んだらどうだろうかと本気で考えております。このICタグは電池も使用しません。自家発電?詳しくはわかりませんが無線システムで金属探知機みたいな探知装置で触れるだけで生産日、生産ロッドナンバー、担当名、秘密暗号がわかります。
日本でも売っているコピー品の摘発もこれを導入すれば一撃でわかり訴訟手続きが簡単に行なえると考えております。中国国内での乱れたコピー商品との見分けもこれでかなり楽になるかと思うのですが。“ICタグ入りブランドエアロ”と言うのはどうでしょうかね。

中国に即戦力になる日本のビジネスマンが少ない昨今、立命館大学で即戦力に中国ビジネスを出来る人材を教育しています。私は凄く良い事だと思っています。中国はどうしてもこれから目をそらしてはいけない国。恐れていてはいけません。日本にしか出来ない技術、アイディアと中国特色を理解して融合すれば、中国国内市場にも私達日本人の力が発揮出来るのだと思っております。
20051129021255.jpg


20051129021535.jpg


 
 

Comments

コメント有り難うございます 
ご意見有り難うございます。コピーを作ると言うのは中国でも淘汰されていくと考えておりますが、本土の中国の方は自国の商品のコピーにはシビアに対応していると思います。当局の取締りが厳しくなってきているのでしょう。今後でも中国の実力のあるグロバール社会に適応出来る誠実な会社が生き残りと思っていますし、中国人と協力しよい商品を世界に発信したいと考えています。

 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。