fc2ブログ
中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

通訳の基本とは。。

通訳が入り仕事の進みが若干早くなった。
私の通訳は50歳の親爺だが、昔は、マラソンランナーで、30年前は2時間30分で走っていたそうだ。
だから、歩くのが速い。
私も関西人なので速いので、歩調が良く合う。
通訳を選考するに辺り、10人ほど面接をした。
20代、30代と面接をした。
どの方々も優秀だが、仕事に対する意欲に欠けていたのが見えていた。
就業時間、給与が第一前提の考え方。
日本語検定など、要望していない。
私が求めていたのは、生きている通訳が出来ると言うことだけだ。
通訳は、しゃべる人の意志を正確に伝える事が仕事。
相手側こちら側の言葉を、自分の感情を入れずに翻訳して伝えてもらえば良い。
通訳がビジネス判断をしてはいけない。
現在の通訳も、その傾向は有る。
私は一応、中国語の聞き取り出来るので、ある程度のことは理解出来る。
通訳が熱を上げてきているのが分るので、手で合図して押さえに入る。
会議が終わった後は、通訳が悪かった部分を訂正していく。
通訳無しにビジネスが出来れば言うことは無いが、
通訳にある程度頼らなければならない場合は、
通訳の訂正作業を行わなければならないと感じている。
通訳の事を丸々信じてはいけないと言う事だ。

私は、この通訳を新しいポジションに持って行きたいと今考えている。
この事が実現出来れば、有意義なビジネスが出来ると考え、通訳に教えている最中。

歳を取るとエゴが強くなる傾向になる。
これは仕方の無いことだが、エゴで継続的な仕事も出来るはずも無い。
情報収集能力も落ちる。
年の功で経験が訳に立つのだけれど、今、世間の流れるスピードは早い。
継続的な仕事が出来るように、自分を改革しないと、これからの日本、中国でも職を失うことになるのだろう。

中国自動車
スポンサーサイト



 
<- 06 2008 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Archive RSS Login