fc2ブログ
中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

初めて行く「中国上海の歩き方[旅スケ]」

「地球の歩き方[旅スケ]」 URLhttp://tabisuke.arukikata.co.jp
と言う、自分自身で、旅のスケジュールの考えを手助けするサイトがある。
小学校の時、鉄道で旅することが大好きで、時刻表を片手に、電車の乗り継ぎのスケジュールを考えていた。あの頃は、Hotel、旅館などの情報がなくて、鉄道でどの様にして効率よく乗り継げる事しか出来なかった。今現在は、この様な便利なサイトが出来て非常に助かるし、自分らしい旅行プランを立てられる。

今は、日本では無く、中国に住んでいるので、中国国内の旅行を考えている。
中国国内では、漢字だけのサイトなので、非常に細かい意味を把握するのが難しいのだが、これをクリアするのも面白いと思う。
中国でに住んでいるので、上海での旅行スケジュールを考えてみた。
主旨は、「上海に残るノスタルジックな街並みを見る」
極力お金を使わない。事。

P10301421.jpg

初日
東京成田発~上海浦東着 午前発 所用時間 2時間  往復格安チケット 38000円位
上海浦東~龍沈路駅 リニアモーターカー 15分 80元
地下鉄2号線乗り継ぎ 5分
上海の、自動車での移動は、渋滞ばかり、時間が読めないので、地下鉄を極力使うと、多くの観光地に足を運べる。
ditietu11.jpg
クリックすると大きな画像になります!

龍沈路駅~南京西路 20分 4元
歩いて散策、観光
外灘(上海タワーが見えるところ)夜の遊覧船に搭乗60元
この地域は、観光地域でもあるが、ふと外れるとまだ、昔の街並みも残っている。
歩いて散策するのが面白い。夜の外灘は、遊覧船にのり夜景を楽しむのがベスト。
shanghait.jpg

南京西路~中山公園 Taxi 40元
夕食 蘭州拉麺 5元
宿泊 モーテル168 名前の通り、168元で宿泊できる。Internetも出来る。

2日目
中山公園散策
中山公園駅~静安寺駅 地下鉄2号線 4元
近代的な街並みに佇む、静安寺を見学(入寺料10元)
仏教なのだが、お経にメロディーが付いていて、心地よい時間を過ごせる。
sahghait2.jpg

昼食は、やはり「小籠包」。観光地域に行って食べるよりも、安くて美味しい店が沢山存在する。
歩いて散策すると、数の多さに愕くだろう。たらふく食べて30元。

静安寺~虹中路 Taxi40元 
虹中路は、中国人、韓国人が多く住む地域。中国らしい下町がまだ残されている。
一歩路地裏に入ると、現地の人々が生活する飲食店が多く点在。
マッサージ 2時間コースがお勧め。2時間しないと、体のコリがほぐれないらしい。
虹中路は、物価が安いので、2時間でも100元は行かない。

Hotelは、この地域沢山あるし、衛生面、安全性も問題がない。モーテル168も有るが、
250元ClassのHotelに宿泊。

3日目 
七宝古墳とは、中国の歴史的な建築物が残る地域。中国らしい雰囲気を満喫できる。
おみやげも、ここで購入すると良いだろう。
虹中路~七宝古墳 Taxi 30元
中国人観光名所、昼食もこのエリアから、好きな店に入ると良い。
平均50元
その後、近くの大型スーパーに、おみやげを購入しに行く。
お茶、ロイヤルゼリー、クルミのお菓子が、お勧め!大型スーパーでは中国人庶民価格なので、
観光地や、空港で買うよりもかなり安く購入出来る。
スーパーを見ることは、中国人の生活レベルも理解できるし、見たこともない、商材が見れるので面白い。
sahnghait3.jpg

七宝駅~龍沈路駅 「地下鉄9号線」乗り換え「地下鉄2号線」5元 所用時間1時間
龍沈路駅~上海浦東駅 リニアモーターカー 10分 80元

上海浦東空港から日本に帰国。(飛行機便は、夕方発)

と、観光名所も抑えているのだが、裏路地を散策して、日本の昭和の雰囲気を味わって欲しい。
日本人が忘れかけた、昭和の“ほっとした空間、人情を垣間見られる地域に足を運んでもらうのが、
中国旅行らしい旅とも言える。
一度、この「旅スケ」で、自分らしい旅プランを立ててみると面白いかもしれない。


「地球の歩き方 [旅スケ]」

地球のの歩き方 旅スケ 中国


スポンサーサイト



 
 

中国生まれの、トイプー?

yuki1.jpg
現在の姿。。。

私の相棒、中国上海生まれのトイプードル。。。
しかし、実はトイプードルでは、無くて、ミニチュアプードルだった。

☆トイプードルの基準とは。
トイプードルの基準体高は28㎝だそうです。体高というのは
身長ではなくて、背中の上から地面までの高さとのこと。
この基準に近ければ、普通体重は3㎏前後になります。

トイプードルの中で、体重が2kg台だとタイニープードル、
2Kg未満だとティーカッププードルと呼ばれます。
ただし、日本ではティーカッププードルは公式(JKC)には
認められていませんが、アメリカでは体重1.8Kg未満が
ティーカッププードルと認められています。

との事なのだが、現在ウチの相棒は、
高さ45cm、体重 6.5kgにまで成長してしまった。。。
正真正銘、ミニチュアプードルと成っていた。
中国のネットで購入したのだが、「トイプー生まれました誰か購入してください」
と書いてあった。
ブリーダーの家まで行って、親の大きさまで見ていたので、
その時点で、気づかない私が悪いのであるが。
P10108121.gif
上海のブリーダーから、ウチの家に来た夜。。。生後約3ヶ月

中国でも、犬を飼うのが流行っている。
シベリアンハスキー、アラスカンハスキー、ゴールデン、ラブ、チワワ、チン
などが、1年前ほどは良く見ていたが、現在上海では、プードルも良く見るようになった。

プードルは、犬の中でも2位のポジションをゲットする、頭の良い犬種。
とても飼いやすいし、言うことも聞く。
そして、人間が大好きな犬だ。
神戸で、私の親戚が動物病院をしている。
幼いときから、犬などの動物をよく見ていた。
幼い頃から、犬が大好きで、「飼うなら、カットをしないプードルが良いな。」と思っていた。
プードルカットをしてしまうと、何かかわいくなくなる。
だから、そのままの、“ダスキンのモップ”のようにそのままにしている。
でも、目が毛で隠れてくるので、目の部分、足の部分だけ、私がカットをしている。
中国でもペットショップで、カットをしてくれる。
大体、プードルカットで、250元(3750円)ほど。
ドッグフードは、近所のスーパーで、1ヶ月30元(450円)ほど。
日本と比べると安いのは安い。

でも、ウチの相棒は、美容院が大嫌いなので、私が、シャンプー&カットをする。
嫌そうな顔はするのだけれど、おとなしくしている。

相棒の性格は、「やさしい、靴下が好き、硬い物は恐い」
やさしいのは、他の犬種の中でも、ずば抜けていると感じている。

私が仕事をしていると、終わるまで待っていてくれてる。
終わったら、いつも遊んであげるので、仕事が終わるのが理解ると、自分の大好きな柔らかいぬいぐるみを咥えて、「あそぼ!」という顔で、近づいてくる。
いつも、この様な日課で過ごしている。
P10200061.jpg
この様な格好で、私の仕事を終わるのを持っている。

散歩は、中国の車、自転車が恐ろしいので、私の肩に乗せて、公園まで行って離す。
プードルは元気なので、いつも走り回っている。
走る姿は、人間の子供と変わらない。

中国上海では、犬を購入すると、1年間2000元を支払い、登録をしてもらう。
犬を飼うのにもの凄く高価い登録料。だから、登録していない犬が殆どらしい。
私も登録はしていないが、ワクチンなどするべき事は全てしているが、日本に帰るときには、一度登録してから、日本に帰らないと行けない。

犬は、飼い主に似ると言うが、ホントなのだろうか?
中国に居る犬を、見ると、いつも飼い主より頭が良さそうに見えるのだが。。。。。
DSC_0002221.jpg


中国
 
<- 02 2008 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -


Archive RSS Login