FC2ブログ
中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

死ぬ思いで、上海戻る。。暴風雪恐し。

DSC_0572.jpg

中国は“暴風雪”で大混乱してます。特に南が酷いようです。
湖南省の積雪が特に酷く、高架線が切れて、都市が大停電している模様。
温家宝国務院総理も、被災地訪問していましたが、首相もかなり疲れている様子。。。
温先生は、かなり体調が悪いと感じました。

私と言えば、昨日、郑州 から戻る予定だったのですが、上海虹橋空港が雪で着陸できないので、本日に延期。。。Hotel代金も自腹。
郑州の方が800KM北なのに、なぜか上海がパニクっている。。。
しかし、郑州空港の近所のHotelにはやられまくりました。。。
200名の団体が、マイナス☆Hotel(こんなHotelで175元)で大宴会。
大カラオケ大会で大騒ぎ。

最高の音楽を耳にしながら、安眠出来るはずもない。
ネットも無い。
冬なのに変な虫がいる。
ベットは、畳以上に硬い。アスファルトの上に寝ているのが一番該当する。
トイレの水も流れない。
発熱と吐き気、騒音、寒さで最悪な夜。

翌日、飛行場までの送迎バス。
12:00Justに出ると言っていたが、一向に出る気配がない。
何時出るんだと訪ねたら、飛行机上まで3分で到着するから問題ない。との回答で、その運転手は何処かに消える。
呆れ果てて、Hotelを出てTaxiを拾おうと思ったのだが、都心に向かう反対なのでTaxiが見つからない。
そこに、無許可3輪バイクTaxi?の爺が、声かけてくる。
DSC_062811.jpg

爺:「何処まで行くんだ?」
私:「飛行机上」
爺:「乗れ。4元」
乗ろうかと、乗り込む体勢で、車両を見ると、乗る場所が無い。
この爺、何処に乗れと言うのだ。乗るSpaceが10cmも無い。
既に乗っている客が、爺に怒る!!
客4人:「乗れる所無いでしょうが!」と。。
私:「そりゃそうだわ。これは乗れんわ」と答える。
まだ、爺、食い下がる。
私:「アホか!!もうはよ!行かんかい!」と私、ぶち切れる。

その後、1分後、Taxiをつかまえて、飛行机上に向かう。
また、出た、春秋航空。。。
私の荷物に他人のタグを貼り。
1発目のパスポート検査で、荷物タグの名前が違うと足止め喰らう。。。。

その後、1時間遅れて、上海にテイクオフ。。。また、バッタ商品を販売。。。
ミッキーマウスの水筒、タオル、「ハローキティー」の、超バッタ偽物ぬいぐるみ80元で販売する。。
上海虹橋到着。荷物を待つが、中国人の客が前に前に割り込みして、荷物が見えない。。。
DSC_0713.jpg

何で、こんなに“スムーズ”で、ないのだろうか??呆れ果てて、どうにでもしてくれ状態。
上海虹橋は相変わらず、Taxi待ち大行列。バスで逃げようと思ったが、バス停が変更されている。。。
Taxi搭乗System改良と言っていたが、日本の銀行でのATMの並び方をまねしただけの代物だ。根本的に解決出来るはずが無い。お粗末。
DSC_0718.jpg

体も不調だったが、スムーズ差も最高に不調な旅で御座いました。

次回の次回は“中国のズムーズ”について斬ってみます。

中国自動車

スポンサーサイト



 
 

中国 内陸 衛星都市でのビジネスチャンス

DSC_0423.jpg

現在、鄭州に来てみて感じる事がある。
上海など、沿岸地域(デルタ地域)で、多くの日本企業は進出している。
鄭州に限っては、日産の工場があるのだが。
内陸地には、殆ど日本文化などは伝わっていない。日本語を聞いた事も少ないのだろう。
この地域で、日本企業が進出するのは、とても勇気が要るだろうと思う。
しかし、現在多くの日本企業が中国に進出しており、日本企業だけでも競争は激化している。
拠点をベトナム、インドに移転させる事も良く耳にする。
DSC_044511.jpg

私は、初めて訪れる都市では、普通の庶民の路地裏などを散策する。
この意味は、庶民の文化レベル、消費品の種類、現在庶民で売れている商品、都市の人情、などが理解出来るからである。
DSC_0440.jpg

鄭州に訪れて、路地裏を散策している内に、地方衛星都市の法則などがわかってきた。
DSC_04541.jpg

☆ デルタ地域とは違い、流行の情報が極めて遅い。
女性のファッションを見ると、若い女性が着ているダウンジャケットは、8割赤色。
☆飲食店、食材の種類が少ない。
コンビニエンスストアが、殆どない。町のスーパーマーケットを覗いて見ると、ラインナップが異常に少ない。鄭州で、まだ日本食の店を見ていない。
☆ 女性の働く環境が少ない。
都市の作りから言うと、サービス業の未熟で、女性の能力が発揮できる環境ではなく、やはりデルタ地域に流れて行くように感じる。

と言うような事が、内陸地で感じている事柄。
この上記の内容を纏めると、中国に進出する日本企業にとっては、デメリットばかり感じるように思う。
DSC_0623.jpg

しかし、逆手に取って考えて見ると、内陸都市は無い物尽くしなので、庶民の心を捉える業種の進出は非常にアドバンテージが高い。
この内陸都市では、ブランド展開が楽だと言う事が考えられる。
例えば、日本のコンビニエンスストア。北京、上海では、ファミリーマートが、女性の人気を獲ている。
新しい商材を投入して、顧客の心を捉えている。そして値段も中国人価格。中国商材を上手く回転させ、
値段競争でも有利に進めているし、お惣菜などは、日本で人気の、おにぎり、弁当、肉まん、パンなど、
中国現地生産をさせて、値段的にも買いやすい価格、味は日本と中国の間を取った味付けで勝負している。
飲食の展開を、内陸都市で始めても利益は出ると考える。
情報が少ない都市なのだから、逆に手軽に購入できる価格の商材でビジネスを展開するのは面白いと思う。
デルタでは賃金が高騰しているが、内陸地では賃金は上がる材料が無い。
逆に、鄭州は、大学が沢山ある、日本語専攻科もあるようだ。
優秀な人材を確保する事も、上海、北京から思えば、洗脳されていない人材が揃うかもしれない。
DSC_0434.jpg

新しい日本人を理解してもらうには、この様な中国衛星都市(飛行機で夜の上空から見ると、橙色の都市が見える。)で、展開するのもビジネスチャンスがあると感じる。
この薄ボケた橙色の都市は、今後、輝く都市になるかもしれない。

中国自動車

 
 

鄭州 行きの中国春秋航空の究極?のサービス

DSC_0418.jpg

上海虹橋空港から、春秋航空(中国で一番安い航空会社)に乗り鄭州に、向かった。
この春秋航空、事前2週間前に、ネットで予約すると、中国一格安で乗れるのだが。。。
やはり、安いのには何か付き物だ。座席の空間が、異常に狭い。。
太っている人は確実に、お腹が詰まってしまうだろう(笑)
DSC_07001.jpg

機内食は無し。ペットボトルの水を支給のみ。
別に、これだけチケットが安いのならば、この部分は、合理化してもよいと思う。
が、が、しかしなのだ。。。
機内で、飛行機のおもちゃ、安物の電器髭剃り、ちゃちいLEDランプキーホルダー、LED懐中電灯、
と、バッタ売り場にある様な商品を、スチュワートが、観光バスのバスガイドの様に、延々と説明販売する。この時間が1時間弱。。。。うるさくて寝ることも出来ない。。。
驚くことに、このバッタ商品が、鬼の様に売れるのだ。
驚いてしまって、機内の客の分析を始めた。
春秋航空は、チケットが安いので、客層レベルが下がる。
客層が、飛行機に初めて乗る人。春節の帰省の時期とも重なる。
飛行機に憧れがあるのか知らないが、機内で商品を購入する記念なのかもしれない。
スチュワートの女性が綺麗なのかもしれない。

何の分析にもなっていないが、バッタ商品は鬼のように売れまくる。。。。

両隣の客は、靴を脱ぐので臭いし、居眠りをして、こちらに寄り添ってくるし、牢獄の様な1時間半でした。

鄭州空港から市内までは、タクシーで160元位かかると言う事を聞いていたので、路線バスで市内に出ることにした。16元。座席満員で、一番前の補助席に乗車。
DSC_0421.jpg

白樺並木の高速を抜け、市内に入る。この町も、ビルの建設ラッシュ。
なんと建設中の建物が多いのだろうか。。。過剰に造り過ぎて、上海のように幽霊ビルに成らなければ良いのだが。
DSC_0422.jpg

内陸の都市とあって、以前に訪れた“斉南”に似ている。
車は、シトロエンが強い。タクシーも“シトロエンZX”が大半。ドライブシャフトのブーツが破れていて、ターンする時に、カタカタと音をさせて走っている。
DSC_0567.jpg

町並みだが、これも不思議な現象だ。煙草&酒屋を合体した店が、所狭しと競合している。
鄭州の人々は、そんなに、煙草と酒を飲むのであろうか????
DSC_0439.jpg

その後、得意の路地裏探索を始める。
ジャンキーである。汚い。。露天並び、同じ食材で商売してる。
約10KMは歩いただろうか、お腹がすいたので、旨そうな香りを出していた屋台の焼面を食してみた。
3元、肉無し。結構旨い。隣の店の焼きたての“ナン”を2枚買って(1元)本日の昼食終了。
DSC_04511.jpg

その後は、ホテルにチェックインするが、事前予約していたのに、予約の名前が無くて、ロビーで1時間強、待たされる。
まぁ、これも仕方が無い。内陸に入ると極端にサービスも低下するのだ。
サービスとは、文明と比例しているものだから。
DSC_04441.jpg

夜は、また路地裏散策に行き、ビール片手に、旨い羊串焼き、中華風おでん、を食べた。
日本語、日本人など居るはずもない地域だった。


中国自動車
 
 

郑州 に、エンジン非分解内部洗浄システムの視察に行きます。

teisyuu.jpg

明日から、上海から西北800km、日本に向かえば長崎に行く距離になります。
郑州 は、河南省にあり、カンフー映画「少林寺」のある所です。
私の大親友が、郑州 を拠点に、エンジン非分解内部洗浄システム(日本特許取得済み)の展開を始めています。
この社長は、日本では、IT事業、自動車販売業、中国事業を操る、経営者です。
日本の事業は、安定成長しており、次期は、日本特許取得のエンジン非分解内部洗浄システムを最大の武器に、中国国内で販売戦略を進めています。
DSC006201.jpg

なぜ、郑州 が拠点なのか。
丁度一年前に、大連で出会い、中国展開の拠点を考えていた最中でした。
その時の拠点候補は、上海、北京 、大連、郑州 。
普通の社長ならば、上海か北京 を拠点にしますが、この社長は違いました。
あえて、日本人がいない、郑州 を選んだのです。
私は、その時は凄く驚きました。が、去年の10月に、本社をオープンさせました。
1年前には、拠点も決まっていませんでした。中国で、日本人が会社を設立するのには時間が掛かります。
それも、特殊なオイルですので、申請、許可の問題も山積み、事務所の建設。。
この事を考えると、素晴らしい速さです。

この親友は、郑州 では最高のブレインを持っています。
河南省郑州 市ケーブルTV局の広告部 総経理さんが、究極のBack-upしてくれ、CM、3Dデザインなど、日本では多額にかかる部門を、安価で請け負ってくれています。
中国郑州本社の責任者は、元中国工商銀行、郑州 TOPが、郑州市、公安など、先導に立って指示、コンタクトを一任してスムーズに展開しています。
DSC019171.jpg


☆社長の決断力。
☆ブレイン力、
☆中国に日本から足を運ぶ回数(去年30回)社長が一人で、20万キロを飛んでいるのです。
☆中国の習慣を身につけようと、中国にとけ込む精神。
☆日本人社長としての面子を捨て、中国に対応したBusinessを展開していく精神。

日本人として、この難しく、精神力、体力の要ることを率先して実行できているから、現在の母体が有るのだろと感じています。
DSC003281.jpg

私が、率直に感じている事は、この中国の会社は、数々の問題は発生すると、思いますが、
社長と、現地中国人の力で、クリア出来るのではないかと思っています。

「ガイヤの夜明け」ではないですが、この大親友は、今中国で仕事をしている日本人の中でも輝いています。

ですから、明日郑州 に向かうのですが、本当に楽しみにしています。
今後、シリーズで、「郑州 で頑張る日本人社長」として伝えていこうと思います。

中国自動車
 
 

上海から、日本のラジオに生出演。

本日は、KBCラジオ(九州 朝日放送)に、上海から生出演させていただきました。
KBC.jpg
KBCラジオ PAO-N

去年10月は、NHK BS1 ”地球アゴラ”に生放送で出演した以来でした。
地球アゴラ
今回は、ラジオで画像が出ませんので、緊張具合も減り、スムーズにしゃべれたと思います。

内容は、上海の真の情報と言うことで、面白おかしく、現実の上海を伝えられれた様に思いますが、、、、、、
かなり、BLACKに、斬ったかもしれません。。。。

数をこなしていくと、もっと慣れるのかなぁ~~と思う反面、
司会者の方々は、素人を誘導していく質問など流石にプロですね。
しゃべくりを、本業にしている方々は、尊敬します。。。。。

中国自動車
 
 

大雪で、ガソリンスタンドが、ペッチャンコ!by武漢

中国は現在、寒波到来。
どこの地域も、雪で”おうじょう”しているようだ。
またもや!日本では考えられない事が起こった模様。。。。
内陸の武漢からの報告である。
20080120105756490.jpg


大雪で崩れる。ぺしゃんこになるガソリンスタンド。

2008年1月19日夜明け4時、湖北省武漢市江夏区の中国石化のガソリンスタンド天井が、
突然崩れ落ちる。
鉄筋構造のガソリンスタンドでは有るが、予想もしない積雪で、天井が当然崩れ落ちる。
2台の農業用三輪車を運転しガソリンを給油しにきた農民は、当然の天井崩落で逃げれず
天井の下敷きになる。
一人は重傷、一人は死亡した。新聞翻訳<326>

20080120105756811.jpg


ガソリンスタンドが、大雪如きで潰れるとは。。。余程、鉄筋をケチったのであろう。
こんな事件が起こるのも、中国のスゴいところだが、この国には安全な場所が果たしてあるのだろうか。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
ブログランキングに参加しています。クリック御願いします!

中国自動車



 
 

ガチンコ画像!窃盗集団を取り押さえる刑事。

広東佛山 駅での窃盗集団を取り押さえる刑事さんの衝撃画像!
これは、映画シーンではございません。ガチンコ画像です。

中国の新聞で、結構日本では考えられない逮捕現場の画像。

20080115113024292.jpg
偽物プーマーのジャンバーを着た私服刑事さん!!犯人取り押さえ!7、3分けが、昔の刑事ドラマを思い出す。それゆけ!ジャンパーデカ。

20080115113024291.jpg
窃盗集団は、皆、ドカヘルを装着していた。

20080115113024290.jpg
犯人達の刃物。。この様な集団は、下手に捕まえようとすると、この刃物で簡単に刺してくる。ので下手に歯向かわない方がベターだ。

20080115113024613.jpg
匍匐前進をする犯人達??

20080115113024614.jpg
何ともスゴい画像である。。。直ぐに連行した方が良いと思うのだが。。。


1月14日、仏山市公安局の私服刑事、長期にわたり仏陀駅で窃盗を繰り返す窃盗集団をおとり捜査で逮捕する。春節の季節に向けて旅客運行の治安維持の一貫だ。
今回のおとり捜査で14名を連行した。
翻訳<326>

中々やりますな!!中国の刑事さん達!これで、一つ中国の平和が維持されたわけですね。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
ブログランキングに参加しています。クリック御願いします!

中国自動車
 
 

画像で贈る中国NEWSな1日!

中国各地方の新聞より、本日の1日を追いかけてみよう!
8258270.jpg
上海雪降る、パニックでパニくる。
8339509.jpg
上海でガスガス爆発で、周辺吹っ飛ぶ!
8173644.jpg
株投資家おばちゃん、その影響でネットが不通になり大困り。。。
8331037.jpg
广州 で交通事故発生!
8280056.jpg
2500km遙か、北京 で建築現場、土砂崩れ。
8306248.jpg
南京 で、3才児が持った1角が、突然爆発。
6472790.jpg
またもや、交通事故発生。
8283829.jpg
赤ちゃん、マンホールに落ちる。緊急事態!
8333941.jpg
赤ちゃんを助けるために、大学生ウルトラ警備隊出動!!
8333943.jpg
しかし、あまりのだささに、公安の目につき止められ赤ちゃん助けられず。
6305456.jpg
广州 で、何もしないのにBUILDINGが傾く。。。
8232908.jpg
またまた、交通事故発生!!
8151339.jpg
今度は、怪奇な卵を発見!おばちゃん驚くきコシヌカス。
8301271.jpg
もう飽き飽きしているところに、交通事故発生。
8232907.jpg
もう、こんな中国怖いと、荷物を纏め、夜逃げの支度。

と、コメディータッチに、本日のNEWSをお届けいたしました。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
ブログランキングに参加しています。クリック御願いします!

中国自動車

 
 

中国自動車市場にインドの格安車販売する模様。。。

200801110009a1.jpg
インド車 NANO 25万円位
U115P4T8D1137956F107DT20080118085233.jpg

インド自動車メーカーの「タタ自動車」は10万ルピー(約28万円)の低価格車「ナノ」を中国でも試験的に販売する方針を固めた。
有力財閥タタ・グループのタタ・コンサルタンシーサービシズ(TCS)の幹部が明らかにした。タタ・グループはホテルや化学産業でも中国進出を目指すという。15日付で英字紙チャイナデーリーが伝えた。
200708311449286718601821.jpg
长安汽车 「奔奔」 3.98-5.88 万元 中国車

この車が、インドの格安車だ。中国も安いと思っていたら、インドもやりますね。。
さて、中国がこのインド車を、本当に輸入するのでしょうか。。色々しがらみが有りそうですが。

さて、インドの「タタ自動車」とは!?
タタ自動車(タタモーターズ)とは、インド国内で第二位のシェア(国産車としては首位)を誇る、インド最大の自動車メーカーです。同社の属する「タタグループ」は、金融や不動産、鉄鋼、食品、通信など、あらゆる分野に進出している、インド最大の財閥グループです。

正式企業名   タタ自動車 (Tata Motors Ltd.)
業種       自動車 (商用車のシェア約55%で国内首位)
設立年度     1945年
株式上場市場 国内(ムンバイ、ナショナルなど)、ニューヨーク

てな感じ。。そしてタダ自動車が、今後展開する方針とは。。。

タタ自動車では、国内シェアを伸ばす目的で「ワンラックカープロジェクト」を進めています。これは、ワンラック(10万ルピー=約25万円)で購入できる、格安の小型車を生産・販売して、国内シェアを一気に奪おうという狙いなようです。インドでは、一般向けの乗用車は小型車(コンパクトカー)が主流で、約8割が小型車です。しかもその過半数のシェアを日本のスズキが占めているという現状です。

このシェアを何とか奪い取ろうというのが、タタ自動車の仕掛けるワンラックカープロジェクトです。トヨタやホンダやBMWなどは、中国市場と同様に高級車の販売に特化した販売戦略を取っているため、コンパクトカー市場でスズキに対抗できるのはタタ自動車以外にありえないのが現状です。成功すれば、一気にシェアを奪い取れる一大プロジェクトだといえます。

一部では「25万円という安値で自動車を販売したら、利益が上げられるのか?」という疑問の声も挙がっています。しかし、たとえこのワンラックカープロジェクトで利益を上げられたかったとしても、タタ自動車は大した痛手を被らないだろうと考えられます。そもそもこのプロジェクトは、利益を上げることを目的としたわけでなく、市場シェアを奪うことで会社のブランドイメージを上げる、広告塔としてのプロジェクトだと考えるのが妥当だからです。

何よりインドでは、2006年からトラックの過剰積載規制が開始されました。皆さんもテレビで見たことがあると思いますが、インドを始めとする途上国では、明らかに積載量オーバーで走っている自動車・トラックが町にあふれています。その為、安全面を考慮して積載量の規制を設けることとなったのです。

この為、トラックの需要が大幅に拡大することは確実です。トラック部門でも大きなシェアを持つタタ自動車にとっては、業績拡大の大きなプラス材料になると言われています。日本の自動車メーカーも、軽自動車やコンパクトカーはあくまでシェア獲得目的や広告塔として見ており、利幅の大きい高級車で利益を上げているのが一般的です。そういった意味では、タタモーターズの(広告塔としての)ワンラックカープロジェクトも、業績拡大を目指す上で極めてまっとうな企業戦略だと言えます。

インドの自動車普及率は約 1%に過ぎません(2005年段階)。経済成長と共に国民の所得も大幅に増加していくので、将来的には世界一有望な自動車市場だといえます。トヨタやホンダ、BMWやルノーなど、世界の大手自動車メーカーが次々とこの国に進出していることからも、その将来性の高さが裏打ちされています。
200709041606581699011821.jpg
奇瑞  「QQ3」 2.98-5.28 万元 中国車 

と、総括してみると、中国車もプライスダウンを迫られていますよね。
日本車に比べると、性能的に、やはり劣り、設計が古いですので、
世界での自動車プライス戦争は、「中国車VSインド車」になりそうですね。
安全性、壊れやすいのは別として。。。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
ブログランキングに参加しています。クリック御願いします!

中国自動車
 
 

上海リニアモーターカーの数々の問題

8257422.jpg

2008年1月13日、上海市政府の報道官は問題となっている上海・杭州間リニアについてコメント、沿線住民は理性的に意見を表明し社会の秩序を守るようにと要望した

2010年の上海万博に向け、現在市内と空港とを結ぶリニア建設の延長が計画された。しかし、騒音や磁気による健康被害が不安視されることから住民の反対運動が起き、工事は一時中断されていた。今月、一部を地下鉄化するなどの変更プランと環境アセスメント報告書が発表されたことに住民が反応、12日と13日に市中心部でデモが行われた。参加者及び外国人カメラマンなど100人近くが拘束されたと見られている。

市政府は現在、沿線住民の意見聴取を実施していると発表、合法的な手段を通じて意見を表明するように求め、事態の沈静化に努めている。

このデモに参加しないかと言われた日本人もいたそうだ。

上海から、中途半間な街、龍シン路駅を結んでいるリニアモーターカー。。
遊園地のアトラクションの様な短さだ。
現在車両火災が起きて、MAX500KMのスピードも、300KMに抑えられ、
アホみたいな乗り物だ。
上海市民がリニアを都心に入れるのを反対しているが、この抗議は腹黒い要素も含まれていると思う。

以前の路線建設で、付近住民が多額の賠償をもらい、リニア富豪になったそうだ。
この事を知っているのは上海人だけであろう。
リニアは、強力な磁気を発生させるのはご存じの通りだが、このとんでもない磁気は、
人間の体に影響することだろう。
以前にリニアの高架の下を通ったのだが、10分間その下に居たら、気分が悪くなってしまった。

こんなリニアが、上海の都心を縦貫し、500KM巡航すれば、騒音、磁気の健康被害など、
数々の問題が出ると思う。
日本でも1980年頃から、宮崎でテストを繰り返しているが、まだ実用化は先のこと。
建設資金も問題であるが、日本がこれだけ試験をしてまだ実用化にならないのは、何か問題が有るのだろうと思う。

安直に、上海万博に向けてと言っているが、後々の事を考えると、突貫建設するのは、住民、上海市にとっても、利益が少ないと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ
ブログランキングに参加しています。クリック御願いします!

中国自動車
 
 

上海の自動車ナンバープレート落札価格が急落

DSC_0531.jpg

2008年に入って第1回目の自動車ナンバープレートの入札が行われたが、今回は新制度が導入されて、落札価格が急落した。
落札されたプレートの数は16000枚で、平均落札価格は23370元、最低価格は1万元を割り込んで8100元だった。昨年12月の最低落札価格が5000元、平均でも56042元だったことを考えると、大幅下落となっている。
今回の入札方法は、初めて電話とインターネットだけで行われた。しかし、回線がパンクして入札できないケースもあり、今後への課題が残された形となった。

と、言うような事。今年は1000万台販売突破の中国。
去年の12月このナンバープレートだけの値段、、、なんと日本円で、75万円だった。
ナンバープレートが、75万とは。。日本では、1440円プラス諸費用。
DSC_0529.jpg

上海だけが、この途方もない値段が付いているのであるが、なぜだろうか?
①上海市内高速を利用するには、上海ナンバーが付いていないと、
  他省のナンバープレート時間制限有りで走行出来ない。
②上海ナンバー見栄の張り合い!
③車が余りにも多いので、購入を避けさすように、上海市が仕組んでいる。

と言うのが大きな要素では無いだろうか??が、、

今年に入り、半分に下落したそうだ。真相はよく分からないが、12月に車を購入した人は、
35万円ほど、余計に支払っている。日本だったら、大きな問題になるだろうなぁ。。。

DSC_0523.jpg
上海高速で、地図や携帯充電器を売り歩くおばはん。

中国自動車

 
 

2008年中国自動車生産1000万台超へ&事故画像オンパレード

6410594.jpg
じいちゃん、命拾い。

中国自動車工業協会の董揚常務副会長は8日、中国の2008年における自動車生産台数は1000万台を超えるとの見通しを示した。
なお生産台数は06年が700万台超、07年が約870万台と順調に推移している。
8日付で新華社が伝えた。

恐ろしい数字ですね。。日本の2倍の販売量。。。

世界NO1自動車販場国家になりつつありますね。

どうだろ。自動車の量が急激に増えすぎて、モラルがついて来ない。
1056535.jpg
AUDI、QQに寄り切りされる。

今日も、古北のカルフールで買い物をして、歩道を歩いていたんですが、
駐車場から、道に出てくる車が、突っ込んでくるので、”止まれ”と手をあげて合図する。

運転手が、窓から、なんと!変な日本語で「バカ、死ね」と罵倒して帰ってキタ。。。。
変な罵倒の言葉を聞いて、私が切れてしまい、シルバーのNEWカムリに向かい、
関西弁&大声で、「オマエなんじゃ~~!ボケ!!オマエが止まるんがとうぜんやろ~~がぁ」と、鬼の形相で、突進していったら、猛スピードで逃げてしまった。

ほんと、あの変な日本語を使う奴!今度会った時は、無言で草場の陰に連れて行き、
頭から落とす背負い投げで一瞬でダウンさせ、直ぐにその場を立ち去ろうと決意をしたので有りました。シルバーのNEWカムリ。覚えておけ!!

と言う事が本日有りましたが、モラルと言うか、車を乗っているのが”偉い”という感覚の精神が、子供じみている。
この国の運転モラル向上は、国が力を相当入れないと、修正出来ないように感じるので有りました。っと。

1056895.jpg
トラックと車のサンド!
1077005.jpg
面突!
1076837.jpg
2コ1車のできあがり。
1091303.jpg
横っ腹にバイク。
1141414.jpg
不幸!ローリーが乗る。
1194971.jpg
離陸中、ボンネットトラック!
1395522.jpg
自動車断面図
1643739.jpg
さて、この車は何でしょう?
1716414.jpg
荷物のせすぎや!!
2154324.jpg
BMWも、人民にかかれば、衝突性能ゼロ。
2830065.jpg
ガソリン爆発寸前!
3578247.jpg
VW安全性能マイナスゼロ。
6409573.jpg
高速道路から転落するすっとこどっこい。
中国自動車

 
 

近所でオイルヒーターが爆発して、ビックリした。。

DSC_0415.jpg
家のオイルヒーター。。大丈夫かな。。。


1月6日午前7時頃、上海市閔行区虹中路480弄のマンションで、オイルヒーターが原因と見られる火災が発生、中にいた家族3人にはケガはなかったものの、家財道具などが焼けてしまった。
住民の話では、当時ドカンという大きな音とともに、部屋のガラスも割れ、煙が立ちこめたという。
これまでの消防の調査で、オイルヒーターが火の元とみられている。

と言うことなのだが。。。。

この日の朝、””どっかーん””と、とんでもない音がして、わんこ共々ビックリ仰天。
近所と言っても、1KM先だろうから、ホントの近所の人は凄い音だったろうと思います。

中国では、ガスヒーター、石油ストーブが、殆ど見ないので、電気で暖を取っています。

私の家も、先日260元で、電気オイルヒーターを購入して、使っているのですが。。。
何とも、怖い現実。
家で使っているオイルヒーターが爆発すると、多分耳をいわすだろうな。と考えただけでも恐ろしい。ドリフの爆発後の状況にもなりえない事もない。。

でも、ほんと、ビックリするような音でした。。。。。

DSC_041411.jpg
この写真を撮った直後に爆発音。。。

中国自動車
 
 

現在「上海」をイメージして曲を作る。

5年ぶりになるだろうか、上海で音楽を作ってみた。
今回は、「上海」を想像して、インストメンタルJAZZFUNKで作ってみた。
近代化の上海。スリリング、ファンキー、ジャンキーな要素を取り入れ、
自分が感じている現在の上海が、曲の中に埋め込めたのではないかと思う。


[VOON] 上海ライダー

[VOON] shanghai naight

[VOON] 殿様キングス

なぜ、曲を作ったのか?自分の再確認の事もある。好きな音楽で、自分を表現してみたい。集中してみたい。
と言うことなのだろう。
良いか、悪いかは自分でも分からない。
早く作りすぎて、完成度は低いが、これ以上素人が弄ると、余計おかしくなるので、この辺で手を引いた方が無難である。

ACID1.jpg

現在の曲作りは、PCの御陰でイージーになっている。直感的にイメージ通りに作れてしまう。
10年前は、マルチトラック録音を使用して、トラック毎に演奏するか、打ち込みで録音し重ねて行く作業がいった。非常に根気の要る作業、演奏テックニックが必要とされ、1曲作るのに、最低1週間は掛かったものだった。

現在は、シンセ1台とソフト「ACID PRO6」で事足りる。
ACIDは、SONYから発売されており、プロフェッショナルツールとして、世界の音楽シーンで活躍しているソフト。
現在の音楽シーンでは、多くが、このソフトで曲作りをしているのが分かる。

このACIDの凄いところは、デジタルミュージシャンが、私のお抱えバンドマンとして、控えているのだ(笑)
それも、世界で一流のプレイヤーなのだ。
キー、テンポ、エフェクト、タイミングなど、全て自分の思うままに操れる。
作り方と言うと、
まずは、4小節を考える。
ドラムパターン
ベースパターン
キーボードコードパターン
ギターパターン
どれから手を付けても良い。好きなパターンをから始めればよい。

私は、ドラム、ベースパターンを決めてから、自分でキーボードを演奏して、録音。
その後、ギター、ストリングス、FXなどを重ねていく。
4小節が出来ると、コピーペーストを繰り返して、細かい所を修正していく。
このACIDは、簡単に葛、格好良く修正できる。直感的に修正できるので、自分のイメージを早く展開しやすい。
全体が完成すると、後はエフェクトを、トラック毎に掛けていく。
私の場合、生音が好きなので、基本的には、イコライザーとリバーブ、パン調整で終わってしまう。
1曲作るのに、1日かからない。

皆さんも、この様に簡単に曲作りが出来るDTMにチャレンジしてはいかがでしょうか・

 
 

上海で面白いと言えば。。。。

<画像は地方都市>
P1000519.jpg

上海で面白い事と言えば、何だろうか??
物価も高いし、美味しい中華料理屋も少ない。
人情も地方の方が豊かだし。
街を散策しようとも、同じ様な景色になってしまい、ジャンキーな雰囲気の路地を見つけるのも難しい。
P1000561.jpg

地下鉄整備、インフラ面が、整備されているのだけれども、自分が求めている街並みとは違う。
大連の方がコンパクトで、人情も感じられ、住みやすかった様に感じる。

街が整備されていく中、車は増えるが、人間模様を見受けるのが少なくなる。
中国らしい雰囲気、環境が、上海では非常に少なくなっているのではないか。
4年前、上海に初めて来た時の、あのジャンキーな雰囲気が無くなっている。
06-04-23_15-19.jpg

経済成長で、急激に変化している上海。
今後は、お金を使わなければ面白い事が発見出来なさそうな感じである。

DSC_00871.jpg
うちのわんこはいつも楽しそう。
中国自動車
 
 

新年2008年 今年、自分の改革

P1030173.jpg

新年明けましておめでとう御座います。
上海では、爆竹、花火も一瞬で終わったのかな。。。
もっと過激に花火爆竹連発してもらいたい物ですが。
中国では、春節が、元旦なので仕方が無いんでしょうが。

昨年は自分に取って計り知れぬ激動の年。
マインドコントロールする事で精一杯だった。
私に取って、昨年1年、中国での生活は、厳った認識を持っている。
「別に中国では無くて他の国で良いかもしれない。」
「中国になぜこだわる。」
「私は中国に適合しているのか。」

神、運命的と言う言葉を借りるのであれば、
「なぜ運命、神は、私を中国に近寄せた」
と言うマイナス的な事を多く思考していた。

今思うことは、上海に固着しているのは良いのだろうか。言う事。

人の為になる事。人々の接点が出る事。それがビジネスに繋がれば良い。
と考えていた。しかし、この行動は大きく間違えていた様に感じる。
まぁ、いつも思う事なのだが。
中国も日本も、そんな考え方では生きていけない事。
でも、どう変更していくべきか分からない。

去年も、中国で多く人々と会った。
自分に取っても今までの考え方を直し、シビアな人間として接して行くべきだ。
と考えさせられた1年だった。
しかし、葛藤が出てくる。
今までの生き方を、全てにおいて変更しなければならない、自分の改革で悩み悩んでいる。

自分を改革する時が来るのは、10年に一度のペースだと認識している。
20才直後。30才直後。そして今が、その時期。
若い次期の自己改革は、順応性、パワーが合ったので、今にして思えば楽だった様に感じる。

人それぞれ、生きてきた環境が違うし、人生を歩んで、直面した出来事も違う。
他人から見れば、他人の人生など分かるはずもないし、人間が内面にひた隠している物は見えるはずもない。
少しの状況判断から、人を評価するしか無いだろう。
私は人を一瞬にして判断できない。その才能が無い。
だから、最初から人を信用するスタンスでお付き合いをする。
どうしたら良いのだろうか。人を信じなければ良い。と言うことなのか。では無いだろう。

人物の状況判断が即座に見極められる人は、世の中にどの位いるのであろうか?
本当にその人を完全に見極められるのだろうか?

日常トークと言うもの。非常に難しいと感じている。
日常トークは、流れていくので、ビデオ録画、音声録音していなければ、確認しようもない、不確実なコミュニケーション。
私自身、非常に苦手。伝えようと思うのだが、それがいつも空回りする。全く伝えられない。
トークの上手さは、人間の信用性に繋がるのか?起承転結で話しを出来るのは信用性が有ることなのか?こんな事も悩んでいる。


こんな状況を少しでも排除するべき事を、2008年は考えていこうと思っている。
① 華南地域に移動する。
② 中国語レベルUP。
③ 現在の仕事を変更させる。

この事が、自分の多くを変化させるだろうと考えている。

今年は、これが達成出来なければ、中国最終年として、目標をクリアしていきたいと考えているのであります。

 
<- 01 2008 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Archive RSS Login