fc2ブログ
中国の今

中国の今

変化する中国の今をお伝えします。

 

広州ホンダ:最終マイナーチェンジ”フィット”を発売

banner 中国自動車部品工場
広州ホンダ:新型Cityとフィットを発売
20070830033003.jpg

広州ホンダ汽車有限公司」は28日、「08年型City」と「08年型フィット・型動派」を発表した。これら2モデルは9月9日に全国で一斉に発売される。

乗用車「City」の2006年の月間販売台数は平均4,500台で、同セグメントの市場シェアは17%に上る。また同車の07年の月間販売台数は平均9.5%増加しており、07年1-7月の販売台数は計3万621台となった。同セグメントでの市場シェアは19%。
070828006b.jpg

との事です。
FITは中国語で「飛度」と書きます。”フィドゥー”と呼ばれています。
この車は、中国で、ハッチバックの実用性を認識させた車です。
低燃費、値段が安い、実用性がある、ファッショナブルで、中国でも若年層に購入されています。
この車は、革新的な技術は搭載はしていないのですが、潰れない良い車だと思います。
中国のサーキットを、FITで走行しましたが、日本のチューングカーとは比較も出来ない遅さですが、モータースポーツ入門には良いと思います。6000RPMでレブリミットが効くので、個人的には面白くないです。天下の高回転型エンジンのホンダなのだから、このFITも7500RPMは回してもらいたいですね!!シングルカムだから無理かな。。。。
b_10.jpg


なぜ中国市場でウケタノカ!?
値段が、1.3リッターで、9万元(140万円ほど)日本とあまり差が無い。
中国の他のメーカーでは、ポンコツ車を、恐ろしい価格で販売している。
と言うことで、
☆20歳後半から30歳代の中国人に手が出るような価格設定
☆最新低燃費エンジン。中国仕様は、EGRは付いていないのですが、
日本と変わらない最新エンジンを中国市場に投下させている事。
☆室内空間が広い。2リッターのGMのセダンと変わりない広さ。

日本でも、このFITは大ブームを起こしました。日本ではフルモデルチェンジが行われますが、中国では最終マイナーチェンジに入った模様です。

世界で売れているこのFIT。このガソリン高で低燃費エンジン、運転がしやすいと言うことで、世界の名車に入るのが”FIT”だと思います。

070828007b.jpg
これはセダンの”CITY"日本では、アリアになるのかな?

中国自動車
スポンサーサイト



テーマ : 中国    ジャンル : 海外情報
 
<- 08 2007 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Archive RSS Login